第三祝福実現のために

神様が与えて下さった第3祝福を実現するための一助として、FXを活用してみようという中年オヤジ食口のブログです

「平昌五輪種目の一部を北朝鮮のスキー場で行う案を検討」

いきなり今朝こんなニュースが飛び込んできた。
ピョンチャン五輪の韓国での独自開催が危ぶまれており、最後には日本に泣きついてくるのではないかと噂されていたが、北朝鮮を引っ張り出してくるとは・・・。
開いた口が塞がらないとはこのことだ。
韓国首脳陣は、朝鮮半島が世界からどのような目で見られているかが全く理解できていない。
理解できているにもかかわらず、この発言をしたとすればムンジェイン大統領は、北朝鮮のスパイだといわれるのもうなずける。
そもそもこの発言は、北朝鮮にある程度の打診なしではあり得ないことでもある。
ひょっとすると北と南の上層部はつながっているのかもしれない。
最終的に開催地がどのような形になるのかはわからないが、北朝鮮に日本の代表団を送り込むことはできない。オリンピックボイコットである。
日本は北への一層の制裁強化を世界に訴えているのだから。
韓国はますます容共的になり、日米との関係は薄れ、悪化している。
いったんは緊張感の薄れたアメリカの北朝鮮攻撃のX-Dayが再度マスコミでも取り上げられるようになってきた。在韓米軍は日本の横田基地へ家族の移送を計画しているという。
慰安婦問題では、ムンジェイン大統領は再度日本への公式謝罪を要求している。
ここまでくると韓国とは付き合いきれないというのが本音だ。
好きにしてくれといいたくなる。
愚かな大統領を選んだ韓国民の連帯責任を韓国は取らされることになる。
だが、それは他人ごとではない。
このような状況に追い込まれているのも、真の母が真の父に背信し、最終段階で真の父母が一体化なされなかったこと原因がある。
父と母が袂を分けたように、韓国と日本は離れていくのだろう。
そして、朝鮮半島は中国の属国状態に戻っていくのだろう。
そうなるのは、韓オモニに盲従する統一食口にも原因がある。