第三祝福実現のために

神様が与えて下さった第3祝福を実現するための一助として、FXを活用してみようという中年オヤジ食口のブログです

貴重な食口とアベルの責任

家庭連合の多くの役職者は『人はパンのみにて生きるにあらず』といったみ言や本心の叫びを無視し続け、神様と真のお父様は私の事情を知っておられ、最終的には許してくださるという甘えと堕落性の中に生きています。
その堕落性に根差した、自己中心的な信仰姿勢は本人のみならず、食口達の信仰観にも悪影響を与え、結局は食口達が神とキリストの前に出る道を塞いでしまうことは明らかです。
かつて、イエス様はペテロに言われました。
(ヨハネによる福音書21:15〜19)
                          
「食事が終ると、イエスはシモン・ペテロに、『ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか』と言われた。ペトロが、『はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです。』と言うと、イエスは『わたしの子羊を飼いなさい』と言われた。二度目にイエスは言われた。『ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。』ペトロが、『はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです。』と言うと、イエスは、『わたしの羊の世話をしなさい』と言われた。三度目にイエスは言われた。『ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。』ペトロは、イエスが三度も、『わたしを愛しているか』と言われたので、悲しくなった。そして言った。『主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。』イエスは言われた。『わたしの羊を飼いなさい。』

上記の聖句を私たちに置き換えて考えてみましょう。
キリスト=再臨主(文鮮明氏)
ペテロ=責任者・アベル
羊=食口・信者
ということになります。
そして、み言は責任者とアベルに二つのことを要求しています。
第一に、「牧会者・責任者・アベルは本心よりキリストを愛さなければならない。」ということです。
イエス様は3度も繰り返し、『わたしを愛しているか』ペテロに尋ねられました。
キリストを愛さないものは、牧会者・責任者・アベルの位置に立つ資格は与えられません。
第二に、食口を愛し、励まし、み言を語り、育て、キリストへの信仰を失わないように導くということです。
イエス様はペテロが真実にイエス様を愛していることを告白させた後に、
『わたしの羊の世話をしなさい』
『わたしの羊を飼いなさい。』
と語られました。注目したいのは、イエス様が信者を『私の羊』と表現されていることです。イエス様は、信者を『私の羊』と語られ、所有権を主張されておられます。イエス様にとって、信者たちはご自身が十字架上で血を流され、ご自身の命と引き換えにサタンより取り返した命であるからこそ、『私の羊』と所有権を表明されたのです。同様に、食口も真のお父様の筆舌尽くしがたい愛と犠牲により、サタン世界より取り返された貴重な命であることを認識しなければなりません。
アベルは、カインにより絶対服従され、真の父母の代身者として侍られるべき存在だと勘違いしてはいけません。
食口と祝福家庭は真のお父様の血と汗と涙と生命により、死すべき立場より神側に取り返された存在です。

現在、家庭連合の責任ある立場にある方々にお尋ねします。
1 あなたは、文鮮明氏をキリスト・再臨主として受け入れ、愛していますか。
2 あなたは、食口と祝福家庭がキリストの羊であり、キリストの代身者として世話を   
  し、飼っていますか?


韓国全土愛国運動を展開できなければ韓国は滅ぶ!

私はかつて韓国の現状を溜息しか出ない状況だと書きました。
そして、『かつてない国難にありながら、国の未来を憂い、立ち上がる勇士はいないのですか。なさけない。』とも書きました。
が、その内容を修正しなければならないようです。
愛国者はいました。太極旗と星条旗と統一旗を掲げて、自由と民主主義を守ろうと
行進する群れが・・・。
この愛国運動が韓国市民の心を打ち、全国に広がっていくならば、左翼主導に大きく
傾いている韓国の流れを変えることができるかもしれません。
次の大統領選挙までに、ムンジェインに代わる保守本流の候補者が立つならば、
韓国の滅亡を避ける道があるかもしれません。
何とかして、神様と真のお父様が愛される韓国を、死を覚悟し、悔い改めの心情で歩むならば道はあると信じる食口達・・・
神様の保護が共にありますようにと祈るしかありません。


転び食口が転び食口達へメッセージ

本日礼拝ビデオの中で、「転びキリシタン」という言葉を教えていただきました。
転びとは、何らかの理由で神様とキリストを離れた者を指すとのことです。
サンクチュアリ教会に身を置くものとしては、家庭連合はまさしく、メシヤを捨て去った転びになるわけですが、亨進様の基準からするとサンクチュアリ教会においてお父様の権威の元に還る祝福を受けた食口も転びだと語られたことになります。
とすると、今の現状は転びが転びを転びだと責めていることになります。
だからといって、家庭連合の腐敗や罪に目をつむり、神の裁きだけを待つというのは、私の性に合わないし、いかがなものかとも考えてしまいます。
ただ、讒訴が讒訴で終わってしまえばサタンと何ら変わりありません。
表面上は讒訴に見えたとしても、動機は神様とキリストの愛に根差したものでなければ
ならないはずです。
一足先に許しの恩恵にあずかった転びが、第二・第三の転びの救いにつながる様に、祈り求めて歩みを進めなければならないのでしょう。
松濤本部での澤田教会長の問いかけに対し、お父様は無原罪であると語られた方もおられました。口には出さずとも心の中で、お父様を唯一のメシアとして受け入れている方もおられるでしょう。その姿は、強烈な迫害の中で、命を保つために踏み絵を受け入れ、本心で泣いていた江戸時代の転びのキリシタンと重なる気もします。
亨進様は島原の転びキリシタンを天の勇士として活躍されるように恵みを与えられたとのこと。そのキリシタンの再臨復活と、神様と真のお父様の限りない恩寵により、息を吹き返す転びの出現が待ち遠しくなります。
家庭連合に潜む転びの食口たちよ、悔い改めて神様と真のお父様の元に還りましょう。
そして、韓オモニをお父様の元にお連れしようではありませんか!



かくされた光、今・・・